任意売却・大阪の株式会社エルライフ

任意売却とは?

任意売却とは、債務者と債権者の合意のもと、適正価格で不動産を売却することです。

なぜ売却しないといけないのか?

住宅ローンの返済が滞ると、最初は金融機関から電話や文書による催促がありますが、
3ヵ月~6ヵ月滞納し、期限の利益の喪失となると、保証会社は住宅金融支援機構(旧、住宅金融公庫)や金融機関に対し、ご本人に代わりローン残高と延滞利息を一括して返済します。
これを代位弁済といいます。

その後、保証会社は不動産を抵当権に基づき差押え、『競売』の手続きにより強制的に資金を回収します。

『競売』と『任意売却の違い』

住宅を処分し、住宅ローンの一括返済にあてる方法は他に、『競売』があります。
『競売』に比べ『任意売却』をご存知の方は少数です。
どちらも愛着のあるマイホームを手放すことに変わりはありません。しかし、大きな違いがあります。

相場よりもかなり安く落札されるので、家を失ってもなお多くの債務が残る。

相場に近い価格で売却できるため、残債を少なく圧縮できる。

残債務の返済方法を交渉できない。

交渉により、少しずつ無理なく返済できる。

落札者の都合で立ち退きを迫られる。

引越時期など、ある程度希望を聞いてもらえる。

競売物件として新聞やチラシで公開されるため、近所に知られてしまう。

秘密厳守で対応。ご近所に事情を知られることはない。

立ち退き料などは、もらえない。

交渉次第で、引越代を手元に残せる。

先行きが見えず、心理的な負担が大きい。

計画的に新生活の準備ができる。


任意売却とは?|株式会社エルライフ 大阪

PAGE TOP

HOME会社概要任意売却とは?住宅ローンを滞納したら任意売却の流れ任意売却メリット・デメリット失敗しない任意売却任意売却にかかる費用
競売とは?任意売却Q and A個人情報保護方針お問い合わせ・任意売却のご相談サイトマップ