任意売却・大阪の株式会社エルライフ
トピックス
2015/10/01 相続の問題は、色々と面倒なものです。法律的に決着を付けようとしても、大なり小なり揉め事が起きます。そのような時は、大阪の弁護士に相談すると上手く行くと言 われています。お金の問題は、関西人の方が上手く熟す手腕があるようです。
2015/09/17 任意売却とは、売り主が住宅ローンを払えなくなった場合に金融機関の合意のもとで不動産を売却する事です。また、親族に売却すればそのまま住み続ける事も可能です。しかし、任意売却にはメリット、デメリットがあるため事前に専門家に相談した上で決める事が大切です。
2015/09/08 住宅ローンが払えなくなった時に、住宅ローンを残したままで抵当権を抹消してもら う任意売却。住宅ローンを借入した銀行や司法書士、弁護士に相談することもできますが、不動産の売却には免許が必要なため、不動産業者の紹介にとどまることもあります。自分で任意売却を専門にしている不動産会社を探すことも可能ですが、いくつかの会社の無料相談を利用して、安心してお願いできるところを探しましょう。
2015/09/01 住宅ローンの支払いが困難になったとき、そのまま何もせずに滞納を続けていくと債権者によって競売にかけられ、マイホームが市価より大幅に安い価格で強制的に処分されてしまいます。これを避けるには任意売却という、債権者と話し合いながら高値で売れる方法を選択する方が賢明です。任意売却を専門に扱う専門家に相談すれば、 債権者との交渉や買い手探しをサポートしてもらえます。
2015/08/24 住宅ローンの返済でお困りではありませんか。競売を避けるためにも、早めに任意売却のご相談を専門家にされることをおすすめいたします。
2015/08/18 住宅ローンが払えなくなった時に、融資を受けた金融機関との合意に基づいて、家を売却する事を任意売却といいます。
2015/08/04 任意売却後は、基本的にあなたの住宅は人手に渡ってしまうことになり、住み続けることはできません。ただし、一定の条件を満たせば、『リースバック』または『買戻し』という方法で住み続けられる場合もあります。
2015/07/31 住宅を処分し、住宅ローンの一括返済にあてる方法は他に、『競売』があります。 『競売』に比べ『任意売却』をご存知の方は少数です。任意売却のご相談は当社ま で。
2015/07/24 離婚を考えているご夫婦にとって住宅ローンは深刻な問題です。住宅ローンの問題でなかなか離婚の話し合いが進まない、残りの住宅ローンは堂支払うのか、などお悩みを抱えている方はたくさんいます。離婚の事は身近な人にも相談しづらいことが多いと思います。そんな方はエルライフにぜひお気軽にご相談ください。
2015/07/14 住宅ローンや事業資金の返済でお悩みの方!エルライフにご相談ください。任意売却で売却すれば、債務者は合意の下、適正価格で不動産を売却する事ができ、残債の整理縮小や債務の再構築を行いやすくなります。
2015/07/07 任意売却をしても残債を棒引きしてもらえるわけではありません。しかし元々ローンの支払いが苦しくて家を手放す人が、今後もこれまでと同じ条件で支払いを続けていくのは現実的に不可能です。この点については債権者もよく理解していますから、収入と生活状況に応じて、話し合いの上で柔軟に対応してもらえます。
2015/06/30 任意売却とは、不動産が競売にかけられる前に、債務者と債権者の合意の下に自宅などの所有不動産を売却することです。エルライフはあなたの新しい人生をサポートいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。
2015/06/24 任意売却は早めに決断される事も重要ですがかといって目先の督促を逃れたいがために良く調べもせず安易に任意売却を依頼すると思わぬ失敗の危険が潜んでいます。お困りの事がありましたらお気軽にご相談ください。
2015/06/10 任意売却はこれからの生活に関わる大きな決断です。開札がはじまるまでの限られた時間で解決しなければ競売が避けられなくなるため失敗はできません。早めに決断される事は重要ですが安易に依頼すると思わぬ失敗の危険が潜んでいますので大阪のエルライフにお気軽にご相談下さい。

2015/06/02 任意売却の場合は、裁判所を通さず、普通の不動産取引と同じやり方で売買するので、市場価格に近い価格で売却することができます。
大阪のエルライフにお気軽にご相談下さい。
2015/05/27 相続が発生したのだけれど何から手をつけていいかわからない、相続対策で困ってい るなどでお悩みの方は当センターまでご連絡下さい。近畿一円の相続専門家ネット ワークである当センターがあなたを最大限にサポートいたします。
2015/05/20 あなたの新しい人生を真心サポート☆任意売却の場合は、裁判所を通さず、普通の不動産取引と同じやり方で売買するので、市場価格に近い価格で売却することができます。
2015/05/19 HPをリニューアル致しました。

住宅ローンを滞納したら

多くの方が陥る問題

住宅金融支援機構(旧、住宅金融公庫)の住宅ローンの場合、延滞期間が6ヶ月を超えると、期限の利益が喪失され、代位弁済・保証履行となります。
一般の銀行の場合では延滞期間が3ヶ月を超えると、期限の利益が喪失されることが有ります(あなたの過去の支払い状況にも左右されます)。

保証機関による銀行への全額支払いが行われた場合、あなたの債務は、代位弁済・保証履行を行った保証機関に移り、その支払った金額を、一括で返済するように保証機関より請求されます。1ヶ月の返済も出来ないあなたに、何千万円もの残債務を「一括で支払え!」というのも無理がありますから、そこであなたの不動産を競売、または任意売却で処理して返済を要求されることとなります。

しかし未だ、催告書が届いている段階であれば、いきなり上記のところまでは行きません。

このまま、4ヶ月~5ヶ月と延滞が続き、催告書・督促状が何度も届いて、自宅や会社にまで、支払いの催促の電話が来るようになると、延滞常習者となり、要注意人物になるわけです。
常習者になる方は遅かれ早かれ、代位弁済・保証履行の道へ入っていく事になります。特に購入後1年もしないうちに延滞をする方は、ほぼ間違いないと言って良いでしょう。まして、ゆとり返済(公庫)・ ステップ返済(年金)・ ボーナス併用払い等を返済方法にしている方は、更にこの確率がアップします。

家を失ってしまうという最悪の事態を避けるためにも、
早期相談が大切です!


住宅ローンを滞納したら|任意売却・大阪の株式会社エルライフ

PAGE TOP

HOME会社概要任意売却とは?住宅ローンを滞納したら任意売却の流れ任意売却メリット・デメリット失敗しない任意売却任意売却にかかる費用
競売とは?任意売却Q and A個人情報保護方針お問い合わせ・任意売却のご相談サイトマップ